スムーズに行いたい!バイトを辞める時の方法とは

直接辞めることを話すのが苦痛

自分の都合に合わせて働きやすいバイトは、便利な勤務形態です。特に若者に人気があるバイトですが、勤め先が肌に合わなかったり、事情がある場合には、辞める決断をするようになりますよね。本来であれば、職場の担当者に直接辞めることを伝えて、決められた日まで勤務するようにしますが、直接担当者に会って辞める話をすることに気まずさを感じ、苦手とする人はたくさん存在します。このような場合には、電話やメールを使って辞める方法を利用するとよいでしょう。

電話で辞めることを伝えよう

電話で辞めることを伝えるには、職場の事務所にかけるのが一般的です。できるだけ、担当者がいる時間帯を狙って、かけるようにしましょう。担当者ではなく、他の人に伝言を依頼する方法は、避けるべきです。話の内容が変わってしまう恐れがありますので、必ず担当者と直接話しをすることが重要なんですね。辞めることを伝えるなら、いつまでに辞めるのか、辞める理由などをきちんと話しておきます。辞める理由については大雑把なものでよく、細かく伝える必要はないでしょう。

メールで受け付けてくれる職場もあります

メールで伝えるやりかたは、あまりマナーのよいものではありませんので、できるだけ避けるのが無難です。ですが、バイト先によってはメールでも受け付けてくれる場合がありますので、活用してみましょう。メールの内容は、できるだけ相手にわかりやすく、余計なことを記述しないことが大切です。いつまでに辞めるか、辞める理由など、電話で伝える場合と同じようにすれば大丈夫ですよ。同時に、今までお世話になった感謝の気持ちを、簡潔に文章にすることをおすすめします。

販売の求人は、お客様に直接物やサービスを売る仕事なので、接客マナーや言葉遣いを学ぶことができ、とてもやりがいのある仕事となっています。