憧れの職業である保育士も、縁故が無ければ学校からの紹介が1番条件が良い

突然の対応には、ベテラン保育士が不可欠

幼稚園と違い、保育園では働いて留守のお母さんに変わって子育てをするのが保育士の仕事ですから、出社前に子供を預けられるよう保育園は会社よりも早く開園します。開園前に、保育士にはやっておくべき仕事があります。やっておくべき仕事は、毎日決まったことや定期的に決まっていることは準備や段取りができていますが、インフルエンザなど突然の処置を求められる場合は、やはり経験豊富なベテラン保育士の存在が大きくなります。

公務員かネームバリューのある職場が人気

文科省管轄の幼稚園と違い、厚生省管轄の保育園では子育てが主になります。幼稚園では、読み書きや中には英語を教える幼稚園もありますが、保育園では公立・私立・認可・無認可で園児が受けるサービスに大きな違いはあまりありません。保育士になりたい方で、1番人気は公立の保育園・幼稚園です。相対的に保育士の給料は低いですが、公務員であれば産休後でも復職しやすいので、公立の保育園・幼稚園が就職人気先になります。お見合いなど良い出会いを求めるなら、高級住宅街にあるような保育園・幼稚園で働くのが良いです。

保育士の仕事は学校からの紹介が1番

高級住宅街にあるようなハイソサエティーな幼稚園等は、学校保育科の先生とツーカーの仲ですから、通学中に青田刈りされます。就職先を決めるまで学校保育科の先生から紹介がないといくことは、青田刈りの枠ではないということで高望みは止めましょう。つまり、本当の美人はスカウトされ苦労なく芸能界デビューできますが、そこそこの美人は自らオーディションを受けるのと同じ構図です。公立の保育園等も、世間体的には広報で募集して公正な求人をしているように見えますが、身内に公務員や議会議員がいると採用にプラスとなることは事実のようです。保育士の求人情報を多く持っているのは、保育科のある学校(専門学校・大学など)です。幼稚園や保育園と、保育科のある学校ではツーカーの仲ですから、学校から紹介されて就職するのがベスト、次はハローワーク、つまり公的機関を通すことが条件の良い保育科の仕事を見つけるうえで重要です。

保育士の求人に応募するためには「保育士資格」が必要となります。保育士資格の勉強は通信でも行えるので挑戦してみましょう。