バイトの時給相場は仕事内容で変わる!?高時給のバイトについて

バイトの時給は最低賃金より下回る事は無いけど

バイトを選ぶ時にはその時給はとても大切ですよね。100円時給が違うだけでも、それが一ヶ月単位となるとかなりの金額の違いになってくるからです。なので多くの方が少しでも時給の良いバイト先で働きたいと考えます。そして、そのバイトの時給についてですが、基本的には最低賃金を下回るバイトはありませんが、バイトによって安かったり高かったりすることがあります。特に誰でも出来るような簡単な仕事ほど、その平均時給は低く、専門性の強い仕事ほど高くなってくる傾向です。

スキルがあるならば高時給のバイトで働こう

また、専門性が強く高時給になってくる傾向が強いバイトとしては、家庭教師のバイトは英語の翻訳のバイトなど色々とあります。家庭教師の場合は現役の大学生や、それなりの大学を卒業したという学歴が必要となりますし、英語の翻訳の仕事は英語の技能が必要となります。そして、そのような特殊な技能や知識がある場合だと、時給が最低賃金の倍以上もらえることも多くなってきますよ。家庭教師の場合は一時間2,000円以上もの時給になるケースも多いです。

気軽に働きたいならば時給の安いバイトが狙い目

逆に、気軽に働きたい場合には、時給が安いバイトほど簡単な仕事内容となっている事が多いので狙い目になります。例えば、掃除をしたりする清掃員の仕事や、試供品やティッシュなどを配るサンプリング仕事などがそれに該当してきます。誰にでも出来る仕事ですし、高度な専門知識や技能も必要ないので気軽に働けるでしょう。時給は安いところが多いですが、体力や頭を使った仕事をしたくないという方にはピッタリですよ。どのような理由で働きたいかによっては、バイト先も選んでいきましょう。

若いうちにコンビニのバイトを経験しておきましょう。お客様との関わりや商売、社会のことについても勉強することが出来ます。