就職活動で内定が出た時の対応の仕方と面接の時の注意点

内定が出たらお世話になったOBや関係者にお礼のメールを出す

就職活動をしていて一番ホッとするのが内定が出た時です。必ずしも第一希望ではなくても安心感が生まれ、心に余裕が出ます。もし第一希望の会社から内定が出たら、その場で就職活動は終わるわけです。その時にやっておくことがあります。お世話になったOBや関係者には必ずお礼のメールや電話で報告することです。また他社の採用担当者にも一言メールで挨拶をしておくことも必要です。社会人になるためのマナーとして覚えておく必要があります。

第一希望以外の内定をもらったら、諦めずに最後まで挑戦する

もし第一希望ではない会社から内定をもらった場合は、妥協しないで就職活動を続けることが大事です。周囲の学生が次々と決まっていくと、不安になって妥協してしまうケースもあります。しかし企業の側は最後まで優秀な人材を求めているので、募集期間がある限り努力してトライすべきです。就職というのは人生の大きな節目になるので、安易に妥協してしまうと採用してくれた会社にも迷惑をかけてしまうことになります。充分に努力を尽くせば、第一希望ではなくても働く意欲が湧くものです。

第一希望の面接を受ける時、他社の内定が出たことを正直に話す

すでに第一希望以外の会社から内定をもらっている場合、他社の面接での受け答え方は重要です。もし面接を受けている会社が第一志望の場合は、正直に話した方が面接官への印象はよくなります。すでに採用が決定していることで優秀さをアピールできます。その上で御社が第一志望であると伝え、もし内定がもらえればこちらで働きたいと主張すれば面接官の心を動かせます。基本的には面接の時には何事も正直に伝えることが良いとされています。

新卒紹介のサイトのメリットとしては、たくさんの職種、業種があり、自分の県以外にも企業を調べられる所です。そのため視野や選択の余地が広がります。